Takenoko '19FW

というわけで、タケノコメバル2019年秋冬シーズン終了。
今季は厳しかった。
その上にここぞってところでのミスも多かった。反省。

ということで今シーズンまとめあれこれ。

釣行日数9回で、40超えたのが2匹。

f:id:weedbed_monster:20191104200118p:plain

f:id:weedbed_monster:20191117161520p:plain

30後半が6匹。

f:id:weedbed_monster:20191224205843p:plain

それ以下が1匹。

今シーズンからは、しっかりとマイルール決めた。
期間と小さいの釣らない釣りの徹底。
その点ではなかなか良かったんじゃないかと。
しかしマックスサイズは伸びず。
記録更新ならず。

前半の3連ミスと、来ればデカイってとこでのミスが今思い出しても悔しい。
ほんと何やってんだろ。
あああああ!悔しい( ´Д`)

シーズン後半は毎週低潮位&うねりの最悪コンボが多かった。
アジャストできるだけの引き出しがあればな。
その引き出しの鍵すら見つけられなかった。
実際、あの状況なら射程内に居なかったってことも十分考えられるけども。

リーダーは結局太ナイロンへ回帰。

f:id:weedbed_monster:20191117161459p:plain

やっぱりフロロは無い。
もっと太くてもいいけど使ってるシンカー止めがこの辺で限界。
初期伸び、結束強度大事。

ボーダーラインは6インチ。
長いことメインサイズ5インチだったけど、今シーズンは6インチ以上のワームだけで押し切った。
結果、35センチ以下の魚は1匹だけに収められた。
食ってくることは食ってくるんだけどね。
無理に掛けに行かなきゃ大抵はすっぽ抜けてくれる。

面白かったのがこれ。

f:id:weedbed_monster:20191223200633p:plain

明らかに小さいのわかったんでスルーしてたんだけど、なかなか放さないからそのまま巻き上げたら針じゃなくてテール咥えたまま上がってきた(笑)
実際、20センチ無いようなサイズでも6インチくらいのベイトに対して捕食なり威嚇なりするんだよ。
これが50、60の根魚になったら...ねぇ?
ワクワクするやん。
どうせ釣るなら釣って嬉しいほうがいい。

小さいのしか食わない時もまぁ、あるんだろうけど。
いいのよ。
そういうときは捨てる(笑)

でも、どう考えても地元の環境でバカでかいサイズになろうと思ったら効率的に餌食える個体じゃなきゃなれないと思うんだよな。
長いこと生きて老獪な個体ほどその傾向にあると思う。
リスクを侵さず如何に無駄なくカロリーを摂取するか。
狙ってデカイの獲るなら間違いなく大きいルアーの方が有効なはずだと思う。

ロマンですわ。
琵琶湖の80くらいの確率でしょうか...
最近の琵琶湖見るにそれより確率低い気がしてきた。
エグいやつは間違いなくおるけど。
50アップ本当に釣った人おるんかな?
眉唾な噂しか聞かんぞ( ´З`)?

さて、来年もがんばろ。





 

Live Photosいつもオフってたけど動画同時に撮れて便利じゃん(笑)