WORLD SHAULA 17113R−2 REVEW (RockFish)

17113R-2(アンタレスステマチックカスタム)

アンタレスとのセットで驚くべき飛距離を弾き出すスーパーロングディスタンスモデル。長尺でありながら感度と振り抜けに優れます。

全長:2.40m
継数:2本
自重:130g
仕舞寸法:130.0cm
先径:1.9mm
元径:13.0mm
適合ルアーウェイト:10~35g
適合ライン:14~30lb
グリップ長:302mm
カーボン含有率:99.0

スパイラルX/ハイパワーX/ファイティンググリップType R(CI4+)/ファイティンググリップ(ベイトモデル)/レインボーチタンセラミックコート/チタンフレームSiCガイド搭載/ワン&ハーフ設計/ハイグレードコルク採用/グリップエンドにはスコーピオンエンブレム

f:id:weedbed_monster:20180815180842p:plain

ロックフィッシュ用に購入。
使用期間は大体4年くらい。

まずは昔話から(笑)
最初はロックフィッシュ用にメインで使ってたのは1703R。
ロックフィッシュ始めた頃は、せいぜい手前10〜20m範囲のウィード撃ちメインの釣りしてたんだけど、その釣りもやり込むうちに穫れる魚の大きさに限界感じて狙う人の少ない遠くのウィードやブレイクに狙を変えたところ、今までめったに釣れなかったサイズがぽんぽんヒットするようになったんだけども、7フィートって長さじゃ飛距離もそうだけど、大きい魚掛けた時にウィードから引き離そうと思うと中々浮かせるのが難しく藻化け多発。

そこで、いよいよ17113Rの出番というわけですよ。

f:id:weedbed_monster:20180815180343p:plain

f:id:weedbed_monster:20180815180318p:plain

f:id:weedbed_monster:20180815180450p:plain

f:id:weedbed_monster:20180815180555p:plain

f:id:weedbed_monster:20180815180647p:plain

f:id:weedbed_monster:20180815180750p:plain

f:id:weedbed_monster:20180815180732p:plain

f:id:weedbed_monster:20180815180537p:plain

f:id:weedbed_monster:20180815180714p:plain

f:id:weedbed_monster:20180815180807p:plain

f:id:weedbed_monster:20180815180825p:plain

f:id:weedbed_monster:20181105181301p:plain

f:id:weedbed_monster:20181111150623p:plain


地元でのアベレージはせいぜい20〜25センチくらいで30超えれば良型、35センチ超えは稀という感じなんだけども、17113Rに変えて沖の魚も穫れるようになってからはたくさんいい思いをさせてもらいました。
もちろんロングロッドとショートロッドの使い分けは大事だと思いますが。

若干胡散臭い話になったところで実際の使用感。

遠投性能については折り紙付き。
ロングレングス、大口径ガイド、絶妙な振り抜け感でまさにぶっ飛ばしロッド。
バットはかなり強く、実際XHクラスはあると思いますがベリーからティップにかけてはMHくらいかな、と。
掛けた魚をウィードごと引き寄せる時に何度か、かなり後ろに体重かけてぶん曲げても全く折れるような感じはなく、ミシリとも言いませんでした。
自分は9割テキサスリグで使用しますが、意外にも汎用性はかなり高く5g〜1.5ozまで対応出来ています。
大きめワームのノーシンカーとの相性も○
とはいえ実際1番使いやすいのは14g前後がベストかな。

まぁ、散々書いといて今はディスコンなんですけどね。
ただ、実際文句の付け所のないいい竿です。
これは間違いないです。
バス、ロック、その他、遠投してボトムの釣りをする方にとっては最高の相棒になること間違いなしです。

後は何か思いついたら追記することにしよう。
後、シーバスでも使ってみようかな。


 

weedbedmonster.hateblo.jp

weedbedmonster.hateblo.jp

weedbedmonster.hateblo.jp

weedbedmonster.hateblo.jp

weedbedmonster.hateblo.jp