'09 ALDEBARAN MG7 OH

アルデバラン MG7 分解 メンテナンス


本日は最近酷使しているアルデバランMG7



ここ最近グリスが切れてゴロゴロしてきた。
というわけでオーバーホールネタです。

では、分解スタート!


1.



ハンドル周り



メインギア軸に海藻が巻き付いてました。

2.



ここと、



ここのネジを、



3本外すと、本体Aが外れます。
アンタレスに比べるとだいぶ簡単ですなぁ...



ぱかっとな。
水にドブ漬けして洗ったのでビチョビチョですが。

3.



インナーチューブからストッパーギアまで外す。



4.

メインギア軸周り

ネジを2本外して、



Eリングを外してバラバラに。



5.

次はクラッチ、ピニオン周り。



バラバラ。

ベアリングも忘れずに。

バネ吹き飛ばし注意。

6.



ネジを1本外してレベルワインドガードを外してから、



マイナスドライバーでレベルワインド受けを外して、



クロスギアピンと座金2枚。

7.

クロスギア軸周り。



Eリングを外して、



バラバラ。

これで、



分解完了!ほんと簡単♪

クラッチレバーとプレートはバラす理由も無いのでバラしません
で、綺麗に掃除して、

8.

レベルワインド周りの組み立て。



レベルワインドガイドにレベルワインド組を通す。



クロスギア軸にクロスギア受けA(出っ張りがある方)とクロスギアを組み、



ハンドル側から差し込む。
受けの出っ張りをレベルワインドガイドに合わせるようににハメる。

で、



レベルワインドパイプを受けAの溝に合わせるようにハメる。
クロスギア受けBの溝をレベルワインドパイプに合わせてハメる。
座金とEリングをハメて完成。

9.

クラッチ周り。



ベアリング(8×12×3.5)をハメて、



このような形に。
クラッチツメバネは長いほうが本体側。
クラッチカムの収まる向きを考えつつ下に押さえつけながら回転させてハメる。



10.

メインギヤ軸周り。



メインギヤ軸から。

クロスギヤ、メインギヤ軸固定板、ベアリング(5×9×3)、座金、Eリングで、



組んで、ネジ2本で固定。



クラッチヨークとピニオンを乗せる。

11.

メインギア周り。



ストッパーギヤ、スタードラグ座金、メインギヤ、スタードラグ座金、スタードラグ板、インナーチューブの順で、



装着!



クラッチヨークバネも忘れずに装着。

12.

本体Aの装着。



表側に2本。



裏側に2本。
1本はレベルワインドガードの奴。

で、



本体Bとスプールドラグツマミのとこのベアリング(3×10×4)と抜け止め。

13.

ハンドル周り。



メインギヤ座金×2は()の向きで。

後はスタードラグスペーサー

スタードラグ固定ナット

スタードラグバネ

スタードラグ

ハンドル

ハンドル固定ナット

リテーナー

固定ボルト

の順で組めば、



完成!

ベアリングにはシマノ純正オイル
ギアにはシマノ純正DG10
可動部、クロスギア軸にはシマノ純正DG06
ドラグにはDG04

を使用しました。

次バラすときはスコーピオンの真鍮ギヤに交換しようかな。

weedbedmonster.hateblo.jp