'01 CALCUTTA CONQUEST 200 OH #1

カルカッタコンクエスト分解メンテナンス




やすひろさんからお預かりした、カルカッタコンクエスト。
こいつをオーバーホールしようかと思います。

まずは、



とりあえずスプール。

次は、



ハンドル。

次は、



ドラグつまみとベアリング(3×10×4)。



カルコンてベアリング抜いたら直でピニオン見えるんだなあ。
横着しようと思ったらここからグリス塗れるやん。と関心しつつ。

次、



本体Aここの下のだけ長いビス。

で、パカっとな。



長いビスのとこだけパイプが付いてますな。
これは忘れそう。

次、



意外と綺麗だけどカスカスだ。



ギア類とかドラグワッシャー。



メインギヤ軸を外します。



Eリング外してバラバラにして。

次、





クラッチヨーク~ベアリング(8×12×3.5)まで外す。

次、



クラッチカム



クラッチのツメ、バネ、プレートの組み方は覚えておいた方がいいと思います。



で外して。





レベルワインド、クロスギア軸周りへ。



レベルワインド受けをマイナスドライバーで外してクロスギアピンを抜きます。

続いて、



本体B側のEリング。
でっかいのとちっこいのを外します。

すると、



勝手に全部バラバラと外れてきます。

ってな感じで、





クラッチレバー以外の物は外しました。
クラッチレバーは、レバー本体を変えるとか切れが悪くなって受けを変えるとかレバー周りが死ぬほど汚い時くらいしか外す必要ないかな?と思ってます。

後めんどくさいから。

さて





洗浄が必要なベアリングやギアやドラグワッシャーをパーツクリーナーで洗浄して、きったないボデーも綺麗に磨いて組んでいきます!



クロスギア軸の汚いこと汚いこと。
某潟特有の白鳥の毛に謎の縮れ毛...

一体どれだけメンテしていなかったのか...
 

weedbedmonster.hateblo.jp