'03 ANTARES AR OH #1

アンタレスAR分解メンテナンス


404 Not Found


かなり海水で酷使しているので定期的にオーバーホールしてます。
今回は、自分用メモも兼ねて順番を書いていこうと思います!

それではまず、

ハンドル周り

404 Not Found

ビス2本が斜めに刺さってます。

404 Not Found

ハンドル固定ナット(10mm)からベアリングまで。
曲がったワッシャーはメインギヤ座金。
()の向きでハマっています。


本体B周り

404 Not Found

Eリングでがっちり止まってます(1番右)がペンチ等でグリっとやれば抜けます。
自分はメンテの時、外すの面倒なので付けてませんが(笑)
右から3番目のゴムリングまでしか付けてません。
よっておそらくパーツが幾つか足らないと思う...

まぁ初代アンタレスと違ってアンタレスARは本体B外さなくても分解できるんですが。


本体A組周り

404 Not Found

ビスを6本外します。

1番と6番は、

404 Not Found

細長いドライバーをこのように突っ込みます。
横からでも出来ますが斜めになるのでねじ山を舐める可能性があるのでオススメしません。

404 Not Found

順番は写真右からこんな感じ。

404 Not Found

ガシャ。

404 Not Found

パカッ。
で本体Aがはずれてメインギアが出てきます。


メインギア周り

404 Not Found

スタードラグ板からストッパーギアまでスポスポ抜きます。
ただ刺さってるだけです。
古いリールはドラグワッシャーが固着して取れない場合があります。
傷つけないようにマイナスドライバーで剥がしました。


メインギア軸

404 Not Found

メインギアのぶっ刺さってた棒です。
Eリングからプラスチック製のクロスギアまで。
若干ベアリングがはまっててキツイかも。
マイナスドライバー差し込んでテコで抜きました。


クラッチ周り

404 Not Found

クラッチヨーク~ベアリングまで。
ベアリングが抜けにくいですがスプール側から外側に向かって押し出すと簡単に抜けます。

404 Not Found

クラッチ。この状態でクラッチを切るとすべてが吹っ飛びます。

404 Not Found

飛ばさないように注意しましょう。


クロスギアピン

404 Not Found

こいつをマイナスドライバーで外します。

404 Not Found

ピンセット等でクロスギアピンを抜きます。
座金はだいたい蓋の方にくっついてます。


クロスギア軸周り

404 Not Found

このEリングをペンチでぐいっと外します。
開いた方を上に向けて下方向に押し込むと外しやすいかな。
金属製のクロスギアの方にもEリングが入ってます。
ベアリングを外したいのでこいつも外すんですが、(面倒臭ければ省略可)

404 Not Found

大体、この段差に引っかかります。

404 Not Found

ばらばら。


クラッチレバー

は別に外さなくてもいいんですが、クラッチレバーのすべり止め?のゴムの部分がなくなったり、クラッチレバー受けが摩耗してクラッチ切れにくくなったりするのでいちおう。

404 Not Found

このビスをはずして、知恵の輪をクリアすると、

404 Not Found

外れます。

後は、ラインガードがのこってるけど全く外す必要がないので外しません。

ということで組立に続く。

 

 

weedbedmonster.hateblo.jp